CBT一般

CBT化するメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3503859 - group of business people at an office desk

CBT化するメリットとは?

これまで紙で実施していた試験を、PCで実施するようにする、つまりCBT化している団体や企業は年々増えており、今後も恐らく増加していくでしょう。例えば大学入試センター試験がCBT化されるということも決定しています。ではCBT化をすると、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

CBT化による試験運用団体・企業のメリット

試験運用団体側のメリットは、一言でいえば運用負荷とコスト削減です。

試験を紙で実施していた時には、実に多様で煩雑な業務が発生していました。

例えば

  • 会場手配
  • 受験受付申込対応
  • 問題用紙/回答用紙の印刷および配送
  • 試験当日の運用(本人確認、試験官対応)
  • 回答用紙回収および採点集計通知

など…

 

一方、試験をCBTで実施すると、上記のような業務をすべてCBT試験運用ベンダーに依頼することができるため、試験運用団体側は試験問題作成とプロモーションのみに注力できます。双方のメリットの相乗効果として、受験者数増加を見込むことができ、試験の活性化に大きく寄与することができます。

 

CBT化による受験者のメリット

受験者はCBT化により、利便性が大きく向上します。

例えば、受験機会(日程、場所)が増え、試験直前まで日程変更が可能になり、自分のペースにあった学習プランを実現できたり、また受験機会も常に得ることができたりします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

検定試験の受験者を増加させる方法

CBT化により受験者数を増加させた団体様や、上級試験の前に初級試験を設けることで上級試験の受験者増を実現させた団体様など、弊社が導入や運営をお手伝いした案件を事例集としてまとめました。

とりあえず事例集が欲しい、ちょっと質問してみたいという方は、こちら

―――>https://www.e-coms.co.jp/form/

問合せフォームへ