社内試験

社内試験を実施した方が良い企業って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
社内試験

「試験」ってどんなイメージ?

「試験」と聞いて、みなさんはどのようなことをイメージしますか?

入学試験での合否判定や塾の模試での順位づけ、就職時のSPI……。私たちは子供の頃から多くの試験を受け続けていますよね。この「試験」で自分の人生が大きく左右されることもあるため、身構えてしまったり、精神的に大きな負担を感じてしまったりと、ネガティブな印象を持っている人が多いことでしょう。

 

どうして社内試験が実施されているのか

数多くの成長企業で社内試験が実施されていることをご存知でしょうか?

現在行われている多くの社内試験は、各社員のスキルおよび能力を顕在化し、適切な教育研修を実現するために実施されています。具体的には、

 

(1)スキルを測る→(2)教育する→(3)教育結果を測る

このサイクルを繰り返すことで、社員全体の知識ベースを底上げしているのです。

企業が成長していくためのリソースの一つである「ヒト」。この成長をサポートしていく仕組みが試験なのです。

 

社内試験を導入した方がよい企業

特に社内試験を導入した方がよいのは、業務拡大やM&A、合併などにより社員数が大幅に増加している企業です。このような企業では、業務知識などをテスト化し教育を行うことで、中途社員の即戦力化に大きく貢献できる可能性があります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加